体質にもよります

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあります。

 

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

 

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。

 

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

 

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

 

人工歯根を埋め込んだことで、その周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどです。

 

実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することに努めましょう。

 

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

 

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の十分な検査を行い、結果を検討した上で治療を始めるのが普通ですから安全性を確認しながら治療を受けられます。

 

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

 

入れ歯で食べることに抵抗がある、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にぴったりくるのはインプラントです。

 

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

 

どうしても外見や噛み心地を求められるなら、何といってもインプラントです。

 

一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。

 

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。

 

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

 

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

ハッピーメール北海道北見市出会い系サイトに入る